トップページ | 字面 »

2006年2月 1日 (水)

オペラ落語

 お客さんから、「何故やらない」「やりなさい」と散々言はれ、つひにPCに向かひ書き出しました。

 實は一昨日から風邪を引き、昨日は日長一日床に臥せつてをりました。本日も頭の中が五里霧中でいけません。それでも、本日發賣の「ウーロン亭ちゃ太郎 オペラ落語」CDRのラベルを貼り、ボトムカードやインデックスカードを入れ、袋詰めして完成!録音してくれた中村くん、それをCDにしてくれた室伏さん、挿繪畫家の下田さん、演奏史譚の山崎さん、色附けしてくれた上野さん等のお陰で何とかできました。デザインは自分が擔當!

Cdr1 ウーロン亭ちゃ太郎さんは昨年で引退されてしまつた希有な才能の持ち主です。今はオペラの演出や脚本に回り、本人はもう人前で歌はないのが、實に殘念。4時間位掛かる筈のオペラをぐぐっと縮めて正味一時間の噺にしてしまつたのが、凄いです。然も、一人でソプラノからバスまで歌ひ、合唱も引き受け、裏方まで全部演じてしまつて、可笑しいこと。ご本人の承諾を得てCD化は初めてです。これを聽くとちゃ太郎さんの言ふ「オペラは大衆演劇だ!」と云ふことがよくわかります。

ウーロン亭ちゃ太郎 オペラ落語 タンホイザー&フィガロの結婚(2枚組) CDR BB001/02 \2,100

|

トップページ | 字面 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/577528

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ落語:

トップページ | 字面 »