« 髭 | トップページ | 文豪 »

2006年3月 7日 (火)

王様たち

 ヒゲと一口に言つても色々な種類があります。「髭」は唇の上のクチヒゲを表し、顎(あご)のが「鬚」、そして頬(ほほ)のを「髯」と書いて漢字でも區別してゐます。

Kaiser2  19世紀から20世紀初頭に掛けて多くの人が髭を生やし、特に歐州の軍人や王族は大抵威嚴を保つ爲でせうか、立派なものを蓄へてゐました。プロイセン國王にして獨逸皇帝ヴィルヘルム2世(1859-1941)はカイゼル髭の代表でせう。この皇帝にあやかつて「獨帝髭(カイゼルヒゲ)」と名附けられた位です。
 平和主義者で知られた「我等のフリッツ」フリードリヒ3世(1831-1888)が僅か3箇月で崩御した爲、父の後を繼いだものの、ビスマルクを退けて、帝國主義により拡張政策を取り、第一次世界大戰に負けて退位後は和蘭で亡命生活を送つた人です。我々東洋人を莫迦にした「黄禍論」を唱へたり、かなり偏りのある人ですが、こんな立派な髭には憧れますね。お見事です。

Napoleoniii お隣佛蘭西の代表格として、ナポレオン・ボナパルトの甥に當たるナポレオン3世(1808-1973)がゐます。顎鬚よりも左右に細長く廣がる口髭が特徴的です。普佛戰爭で捕虜になり、アルザス・ロレーヌ地方を失ひ、第一次世界大戰の遠因を作つた爲評價は低いのですが、伊太利統一戰爭ではサヴォワとニース地方を獲得したり、巴里の改造を命じたりしてよい面もある皇帝です。
 併しまあ、こんなに横に伸ばすのはたいへんなことです。餘りいじると枝毛になりますし、寝る時は困つたことでせう。寝返りを打つ時はわかりませんが、私ですら、やや柔らかめの枕を使ひ、横を向く時は顔を少し上から下してみたり髭が下を向かないやうに氣にします。

Nikolayii 蘇聯の革命政府に処刑されたロマノフ王朝最期の皇帝ニコライ2世(1868-1918)は顔中髭、鬚、髯のタイプです。誠實な人柄で、寫眞撮影を趣味とし、子煩惱な家庭人であつたことは善いのですが、亂世に國を統治する力には欠けてゐました。このヒゲは日々の手入れを差程必要としません。毎日鋏を入れなくても目立たない筈です。

Georgev2 ニコライ2世の從兄弟に當たる英國國王ジョージ5世(1865-1935)は、ヒゲだけでなくて容姿も似てゐました。ヴィクトリア女王が長く君臨した爲、皇太子時代の長かつた遊び人エドワード7世(1841-1910)の長男として嚴格に育てられ、皇太子時代の昭和天皇が訪問した際は父親のやうに接したと云はれる人物です。若き裕仁様は「君主たるもの、かくありべき」と大いに見習はれました。

Fjii ハプスブルク家の墺地利&洪牙利二重帝國皇帝フランツ・ヨーゼフ1世(1830-1916)も立派ですが、彼には顎鬚がなく、口髭と素敵な頬髭です。若い時の肖像畫を見ると、口髭のみで、これでシシー(1837-1989)を落としたのかと云ふ程の色男です。
 この皇帝が1888年に在位40周年を迎へ、その記念式典の様子をヨハン・シュトラウス2世(1825-1899)が〈皇帝圓舞曲〉にしたと云はれてゐます。併し、『泡沫(うたかた)の戀』で知られる通り、期待してゐたルドルフ皇太子(1858-1889)が「マイヤーリンク情死事件」で死去した爲、喪に服してゐた皇帝に献呈はされませんでした。

Veii 伊太利にだつて立派なヒゲの人はゐます。伊太利を統一した國王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世(1820-1878)です。ピエモンテを旅行した際に、私の口髭と顎鬚が似てる似てると大騒ぎされました。
 伊太利國王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世を伊太利語表記すると「Vittorio Emanuele Re d'Italia」となつて、縮めると「VERDI」です。それ故、ジュゼッペ・ヴェルディ(1813-1901)のオペラは音樂の素晴らしさだけでなく、革命派からも持て囃されました。「ヴェルディ!」と作曲家の名を叫んでも、ほんたうは「伊太利國王」を意味したからですね。

 かうして比べて眺めると、王様たちはヒゲの見本帳のやうです。

|

« 髭 | トップページ | 文豪 »

コメント

 歴史的にはヒゲの有無は結構流行り廃りがあるようですね。ニキシュ時代のベルリンフィルの演奏写真で、団員が全員カイゼルヒゲだったのが印象的です。
 記事中の19世紀の王侯は立派なひげを蓄えていますが、翻って17,18世紀の王侯は、ルイ14~16世、ヨーゼフ1世、フリードリッヒ大王、とひげなし派が優勢です。しかし16世紀ではカール5世、アンリ4世はじめ、ヒゲありが主流のようです。
 ヒゲの有無が100年サイクルとすれば、そろそろまたヒゲの時代が来る頃かもしれませんね。

投稿: | 2006年3月 8日 (水) 00時28分

上の投稿、名前を書き忘れてしまいましたが、私です。
大変失礼いたしました。

投稿: Tiberius Felix | 2006年3月 8日 (水) 00時29分

 獨帝髭が流行るとは思へませんが、百年毎の流行とは面白ひ見方ですね。
 亞剌比亞人の成人男子は髭がないと男として認めないやうな風潮もあるやうに、地域差もあります。これからが樂しみです。

投稿: gramophon | 2006年3月 8日 (水) 10時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/805801

この記事へのトラックバック一覧です: 王様たち:

« 髭 | トップページ | 文豪 »