« 往年の指揮者 | トップページ | ロッシ »

2006年3月24日 (金)

大ちゃん

D サインと云へば、全く違ふ分野ですが、自動二輪車(バイク)道路競走(ロードレース)世界選手権(World Grand Prix)の最高峰MotoGP級、故加藤大治郎でせう。トークショウでは10時の整理券配布に對して7時から並んで14番、最前列席に座り3米位まで近附けましたが、實際に聲を交はしたこともなく、握手をしたこともなく、生前は専らテレヴィジョン應援だけでした。それが、偶然抽選でこの「大ちゃん」のサイン入り色紙が當たり、今でもこれが一番の寶物です。

 彼は2003(平成15)年4月6日、鈴鹿周回軌道(すずかサーキット)に於ける開幕試合、決勝レース3周目の直角(シケイン)で大破して、意識不明となり、同月20日にこの世を去つた天才ライダーです。普段はボーッとして、何も考へてゐないやうにしか見えないのに、人を惹き附ける不思議な魅力がありました。あどけなさの殘るおとなしい青年が、一度バイクに跨ると見違へるやうに走つたものです。決勝直前の控え(パドック)でもぐっすり眠れるやうな人は他には居ないでせう。然も、時速300粁を越える速度をいとも簡單に叩き出す不思議。特に曲がり角(カーブ)では重心のぶれない、それは美しい走りをした、正に「天才ライダー」の名に相應しい逸材でした。

 2001(平成13)年には、世界選手権 GP250級の全16戰の内、優勝11回を數へ「年間綜合優勝(シーズン・チャムピオン)」を飾つてゐます。これは、年間最多優勝回數の新記録でもあり(今もつて破られてゐません)、文部科學省から「スポーツ功勞者顕彰」を受ける等、世界最速に一歩一歩近附いてゐました。自身の誕生日7月4日に因んだ背番號74番を附けた162糎(センチメートル)、52瓩(キログラム)と云ふ小柄な身體の何処に力があるのか不思議に感じたものです。

 彼が亡くなつた時の嘆きはほんたうに代へ難く、ぽっかり心に穴が空いたやうで、堪りませんでした。彼の走りが、どれだけの勇氣や力を私に與へてくれてゐたか、わかりません。私と同じやうな背格好の日本人が、世界で活躍してゐたのです。日本では殆ど知られてゐませんでしたが、住んでゐた伊太利のミザーノには彼の名を冠した道路もでき、生前はセリエAの蹴球選手からサインを求められた程の人物でした。
 身内以外でこんなに悲しんだことは他にありません。3歳の誕生日にお父さんから小型自動二輪(ポケットバイク)を買ひ與へられてから、週末はずっとレース漬けで、プロになつても不平不滿をこぼすことなく、妻子を持ち、ひたすら頂點を目指して走り續けてゐたのです。

03ds1 それから、「ツインリンク茂木」で行はれる世界選手権日本大會(Japan GP)に、「大治郎シート」と云ふ特別枠席ができ、家族を引き連れて日本人選手たちの應援に行つてゐます。MotoGP級王者ヴァレンティーノ・ロッシをして「強力なライバルのひとり」と言はしめた加藤大治郎選手。02年に同じMotoGP級へ上がり、當時同じホンダの(現在はヤマハ)RC211Vに跨り出すとロッシは頻りにどのタイヤを選んだか、シャーシは何か、色々探りを入れたことをよく覺へてゐます。當時、唯一ライバルとして非常に意識してゐたのでせう。

 日本人ライダーとして、世界王者に一番近いところに居て、これからが最も樂しみであつたにも拘はらず、神に召されてしまひました。モーツァルト然り、天才は長生きできないのでせうか。享年26歳の早過ぎる死は決して忘れられません。

加藤大治郎 正式HP



カラー版 加藤大治郎


Book

カラー版 加藤大治郎


著者:佐藤 洋美

販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する



Daijiro Kato―加藤大治郎写真集


Book

Daijiro Kato―加藤大治郎写真集


販売元:ニューズ出版

Amazon.co.jpで詳細を確認する



マスターワークコレクションNo.29 1/12 テレフォニカモビスター HondaRC211V 加藤大治郎メモリアル (完成品)


マスターワークコレクションNo.29 1/12 テレフォニカモビスター HondaRC211V 加藤大治郎メモリアル (完成品)


販売元:タミヤ

発売日:2005/04/26

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 往年の指揮者 | トップページ | ロッシ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/949584

この記事へのトラックバック一覧です: 大ちゃん:

« 往年の指揮者 | トップページ | ロッシ »