« 主人の聲 | トップページ | 竹 »

2006年4月25日 (火)

Nnadeln HMVは圓盤蓄音機に犬なのですが、このニッパー印はかなり信用されて、賣れたことでせう。コロムビア社の八分音符よりも親しみがあり、一度見たら忘れない筈です。此処に掲げた針罐は色により針の太さが違ひます。赤はラウド・トーン、黄色はハーフ・トーンと書いてあります。
 そんな人氣に肖(あやか)らうとしたのか、他社でも類似品がたくさん作られました。特にそれは蓄音機の「針」に顕著に現れ、「針箱」に彩りを添へてゐます。

Dogbnadeln 獨逸のマーシャル(Marschall: 元帥)社が出した「犬と赤ん坊(Dog and Baby)」は、ただの模造品と思ふことなかれ、これでなかなか良い音がします。勿論、針のサイズもソフト、ミディアム、ラウド、エクストラ・ラウドと色々あり、ペガサス印よりは先が尖つてゐる爲か、鋭い再現力があります。當時の貴重な宣傳紙も手に入れましたが、誇らしげに工場から量産される様が描いてあります。こちらも色分けで針のサイズがわかるやうになつてゐて、緑罐、赤罐、碧罐とありました。帶が附いてゐるものは、まだ未開封です。開けると、黒紙に金字で1面に1本お使ひ下さいと書いてあります。

Ddnadeln 「犬と犬(Dog and Dog)」なんて云ふものもありますが、これにしても外見よりも音の良さに吃驚します。真面目に作った針なのは、蓋を開けただけでその輝きでわかりますね。國産のものは大抵錆びてしまつてますが、歐州の死藏品は綺麗に殘つてゐるもんです。著作権とは五月蠅くない、のどかな世界だつたのでせう。絵柄は、ほんたうにおふざけで作ったとしか思へないやうな代物ですが、少しでも犬印に肖りたいと云ふ氣持ちが現れてゐます。

Katzen 犬は使ひ果たしたのか、猫印もあります。矢張り前足を出して、針箱を押さへてゐる圖柄です。可愛くない猫なのですが、なんとも愛嬌があります。私はSP盤を再生する爲に、かう云ふ針を針罐ごと探すのですが、中には針罐だけを集める方もをり、さう云ふ人は中の針を捨ててしまふので困ります。それなら中身だけ譲つて欲しいものですが、蒐集家にまでそんな聲は届きません。

|

« 主人の聲 | トップページ | 竹 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/1469015

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 主人の聲 | トップページ | 竹 »