« 竹 | トップページ | 歌口 »

2006年4月27日 (木)

卓上

 ベルランに在るやうな縦大型銘蓄音機は誰もが所有できた譯ではありません。考へてもみて下さい、現在、どれだけの人が高品位(ハイヴィジョン)、大型で然も薄いテレヴィジョン受像器で實際に見てゐることを。まだかなり少ないことでせう。蹴球(サッカー)世界杯(ワールドカップ)を見たいなあと思ひますが、そのお金があれば、どれだけSP盤が手に入るかを天秤に掛けると、そりゃあもう決まつてゐます。

 發賣當初、土地附きの家が買へる程だつたと云ふのですから、貴族か成金か、邸宅のホールで執事にゼンマイを巻かせて、こちら側の革張りの長椅子にでっぷり腰掛けて、あれを掛けろ、これを掛けろと指示したことでせう。かう云ふ人は何枚組にもなる交響曲は面倒だつたのか殆ど聽くことなく、ライブラリーを賑はす爲だけに買つた模様で、代替はりをして興味のない親族がどっと処分する爲、新品同様の極上の中古SP盤が我々の手元に流れて來ます。

78women 現在の人と同様、昔の人でも音樂を持ち歩くことはしたかったに違ひありません。それ故、持ち運びのできる蓄音機も作られました。大金持ちはピクニックにでも持つて行つて、流行曲でも掛けて、踊つたのかも知れません。これは昔の絵葉書の圖柄ですが、どうです?太股露はにしてニコやかな笑顔が、どうも音樂を聽かうと云ふよりも、別の目的があつたと思はれますね。

 久し振りの休みに、美人姉妹を誘つて、少し遠出をした。彼女の作ったサンドヰッチを頬張り、シャンパーニュで喉を潤した後、芝生の上で好きな音樂を聽き、皆ゆったりした氣分でくつろいでゐたのだつた。性格の違ふ姉妹の姉をお淑やかだが、何事にも積極的な妹は大膽にもスカートの前が無防備に見える。ふと妹と眼が合ふ。微笑み返す彼女の口元も可愛く、最新のパーマネント・ウエーヴも素敵だ。お嬢さん…

これぢゃ、晝メロの官能の世界へ突入しさうです。

Jgram もう一枚は日本の宣傳寫眞です。こちらはポータブルではなく、卓上型で、これから日本髪の女性が10吋盤を掛ける様子を描いてゐます。何とも時代を感じさせます。掛け軸が後ろに見えますから、客間でこれから皆さんに披露しやうとしてゐるのでせうか。土壁に疊、襖と障子では、どう考へても音が抜けてしまひ、臨場感は得られないでせうが、流行歌をバンバン掛けるのに、そんなことは氣にならなかつたでせう。この文机に載つた蓄音機はグーズネックが木製の本體に入り、モーターを避けてすぐ左側に開口部があり、蓋が開いてゐるのが見えます。上に出てゐた喇叭を収めただけの、元々大きな音が出る構造ではありませんが、6疊程度の部屋なら、十分鳴る筈です。
 藤山一郎の「東京ラプソディー」が鳴つてゐたのか、それとも四谷文子の「東京音頭」でせうか。失禮しました、東京とは限りませんね。私のカラオケ十八番「東京ラプソディー」を鼻歌で歌ってゐたら娘たちが「ミヤコー」と合ひの手を入れるやうになりました。ジャニーズさんの「タッキー&翼」や「カトゥーン」ばかりでなくて、昭和の歌にも親しんでくれるのは嬉しい限りです。こんな寫眞一枚でも色々想像できて樂しいものです。

|

« 竹 | トップページ | 歌口 »

コメント

こんばんは、ご無沙汰しています。蓄音機のお話を拝読いたしましたのでつられて書いてしまいました。URLにあるようなものを手に入れて時々楽しんでいます。が、やっぱりカミさんはCDに行ってしまいます。手のかかることが楽しくて自分だけのひそやかな遊びになってしまいました。(汗) 連休明けから真空管アンプに着手することも秘密です。それではまた(Matsubara)

投稿: smatu | 2006年4月29日 (土) 21時43分

身内の理解が得られないのはどこも一緒ですね!

投稿: gramophon | 2006年5月 1日 (月) 10時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« 竹 | トップページ | 歌口 »