« サロン | トップページ | 1936年 »

2006年7月20日 (木)

ゴンドラ

P7180091 「ツェッペリン伯號」までは、ゴンドラにしか船客は乘れませんでしたが、「ヒンデンブルク號」は更に巨大な爲、客室は船體内部に収まり、ゴンドラ部分は操舵室になつてゐます。それにしても細かい!接着剤がはみ出して、随分汚れてしまひました。これを本體に接着すると、矢張り内部は殆ど見えません。次は4つの内燃機關(エンヂン)部分ですが、これまた細かい部品が多いのに閉口します。

|

« サロン | トップページ | 1936年 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。