« 今さら8耐 | トップページ | 汐留の壮行會 »

2006年9月19日 (火)

ラグナセカ

 先週末の9月16日から封切られた映畫《ラグナセカの青い空》は、2005(平成17)年、11年振りに自動二輪世界選手権MotoGPが開催された亞米利加の加州、マツダ・レースウェイ・ラグナセカの記録です。昨年封切られた《FASTER》の成功により、同じマーク・ニール監督、語り(ナレーション)も同じ俳優ユアン・マクレガーにより制作されてゐます。

 そもそも《FASTER》は2002~3年の間、世界最高峰を目指し、「もっと速く、もっと速く」とスピードを追ひ求める乘り手(ライダー)の過酷な競走(レース)を記録したものでした。亞米利加映畫ですから亞米利加人選手が主と云ふ感じは否めず、日本選手は數秒映る程度なのが癪ですが、低い位置からカメラや、車載カメラを利用したり、随所に撮影工夫が凝らされて、臨場感が増し、時速300粁の世界を體感できます。
 テアトロ新宿で封切り映畫最終回の後、レイトショウのみで上映されましたが、私が行つた日はたまたま抽選があり、整理券の番號により記念品が貰へる仕組みでした。友人を誘つて行き、運良く特製チョコレートを頂きました。どうも、バイク関連の抽選だけは強いらしいです。

 さて、今年の映畫の方はと云へば、コーク・スクリューと呼ばれる難所を持つラグナセカが舞臺なのですが、幾度も走り込んだ米國勢が有利なのに對して、世界選手権4連覇(昨年5連覇を達成)の王者バレンティーノ・ロッシがどう挑むかが注目された一戰でした。まだ、見てはゐませんが、迫力ある映像が樂しめることでせう。


DVD

FASTER


販売元:ナウオンメディア(株)

発売日:2005/12/22

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 今さら8耐 | トップページ | 汐留の壮行會 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。