« ジェノヴァのカフェ | トップページ | 白トリュフ »

2006年10月27日 (金)

ポルトフィーノ

Dh000078 ジョノヴァから東へ數粁行つたところに、隠れた保養地として有名なポルトフィーノ(Portofino)が在ります。小さな入り江で大型自動車が入つて來られず、通常船で行きます。そんな邊鄙な所ですが、丘の上に超高級リゾート「ホテル・スプレンディド(Hotel Splendido)」が在り、此処は著名人たちが喧噪を離れて休暇を過ごした爲、有名になりました。1901(明治34)年に別荘からホテルに變はつたものの、王侯貴族だけに限られ、一般客にも開放された1952(昭和27)年にはウヰンザー公夫妻、翌年にはクラーク・ゲーブル、1960年代にはエリザベス・テーラー&リチャード・バートン夫妻等が泊まり、最近ではビリー・ジョエル、スティング、スティーブン・スピルバーグ、デンゼル・ワシントン、ビル・ゲイツ等が滯在したのだとか。そもそも戰後、ベネツィアのリド嶋が俗化し、それを嫌つた上流階級の方々が移つたのだとか。庶民とは懸け離れた世界が其処には在るのでせう。

Dh000076 我々はサンタ・マリゲリータ・リグレ(Santa Margherita Ligre)の港から船で15分程で着きました。丁度、沖合ひに停泊してゐる豪華客船からも客人たちが専用短艇で訪れ、元は漁師の家も有名装身具屋や寶石屋となり、小さなリストランテに大きな聲の米語や外國語が響きます。面積2粁平方、人口529人。パステル調の色合ひの家々が並び何だか張りボテの作りモノのやうです。ふと、浦安のディズニーシーを思ひ浮かべてゐました。無意識の内に擦り込まれた印象が、本物を凌駕してたのです。それだけ偽物が精巧であつたのでせうが、悲しい事實です。半日過ごす筈が、2時間で切り上げてしまひました。

|

« ジェノヴァのカフェ | トップページ | 白トリュフ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。