« ヤフオク | トップページ | 獨逸の赤葡萄酒 »

2006年12月18日 (月)

おすすめのワイン

 師走に入ると俄に忙しくなり、ブログ更新もなかなか儘になりません。今日から基督降誕祭(クリスマス)特別ディナーが始まりました。25日(月)までの限定ですので、ご利用下さい。
 ワインリストも一新しましたので、今週はベルランのリストに載つてゐるワインの紹介を致しませう。

Bdc ボーモン・デ・クレイエール・グラン・レゼルヴ・ブリュット・シャムパーニュ
 NV Beaumont des Crayeres Grande Reserve brut Champagne
 硝子杯 1,575圓

 基督降誕祭のやうな年に一度、佛蘭西料理を食べるやうな機會には是非シャムパーニュで乾杯して下さい。うちはビストロですから、そんなに堅苦しく考へずに召し上がつて頂きたいと思つてゐますが、まだまだコチコチになつてしまふお客様も多いやうです。彼女との初めての食事で間が持たなかつたとしても、ぐいぐいとワインを飲むものではありません。そんなことしては、デザートに行き着く前に酔ッぱらひます。折角の雰圍氣を提供してをりますから、是非、會話を樂しんで下さい。それには、普段から話題の抽斗を多く持つてゐないといけませんから、澤山本を讀むのが一番です。テレビやネットの上ッ面の情報ではすぐに化けの皮が剥がされますよ。

 さて、シャムパーニュは發泡酒の最高峰として、シャムパーニュ地方産の葡萄だけを使ひ、瓶内二次醗酵により造られたワインです。清涼飲料水の炭酸瓦斯と違ひ、泡は細かく、硝子杯の下からゆるゆる上がり、水面に環を作ります。結婚式の乾杯用シャンパンはご豫算の関係もあり、決して高級品を使へませんし、勢ひよく音を立てるので折角の炭酸瓦斯が抜けてしまひます。それ故、ご挨拶の途中で泡が無くなります。レストランではフルートグラスを使ひますが、これは泡立ちを見るのに適してゐます。口の廣いクープグラスはアール・ヌーヴォーの頃に一世を風靡しましたが、現在は洗ひ易いので宴會で使はれてゐます。焼きたてのパンのやうな酵母の香りと舌の上でも心地よいピチピチ感、そしてすっきりとした喉越しをお樂しみ下さい。

 

|

« ヤフオク | トップページ | 獨逸の赤葡萄酒 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。