« 仕事始め | トップページ | 櫛 »

2007年1月10日 (水)

ワックス

 私の場合は髭の手入れに専用の鋏にブラシや櫛以外、特に何も使ひませんが、西洋人の多くは蜜蝋(みつろう:ワックス)を使つて先を尖らせるのださうです。エルキュール・ポワロや軍人さんのカイゼル髭はその蜜蝋で固めるのが一番なのだとか。他には卵白、砂糖水だとか人により色々です。

Wax
 布哇(ハワイ)のスーパーマーケットでその口髭蜜蝋(Moustache Wax)をひょっこり見附けました。「黒」と「茶」があつたので、黒を買つて早速使つてみました。安っぽい細い櫛も附いてゐたので、そこにうっすら載せて、髭を梳(す)いてみると、どうやらワックスそのものが黒いだけでなく、白髭隠しにもなつてゐた爲、着色されて、真っ黒になつてしまひ、却つて見映えが惡くて駄目でした。
 その後、別のスーパーでは畫像の「中立(neutral)」なものを見附ました。裏を見ると、英語、佛蘭西語、西班牙語が書いてあるところを見ると、佛蘭西に墨西哥(メキシコ)や南米にも輸出されてゐると推測されます。1810(文化7年)に産聲を上げたこの「クラブマン社(Clubman)」の「蜜蝋」の實力や如何に。いっそのことダリのやうにしてみませうか。

|

« 仕事始め | トップページ | 櫛 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。