« 電磁波フォローゲン | トップページ | プレイエルピアノ »

2007年3月14日 (水)

ワーグナー好き

 先日、新國立歌劇場で《彷徨える和蘭人》を觀たばかりでしたが、秋には伯林國立歌劇場が《トリスタンとイゾルデ》を、そしてドレスデン國立歌劇場が《タンホイザー》を上演する等、何だかワーグナー憑いてゐます。それに事足りず、自分で輪を掛けるやうにして、うちの「蓄音機の會」でもワーグナー特輯を組んでしまひました。

 第66回 2007年4月7日(土)
樂劇《ニュルンベルクのマイスタージンガー》第3幕終幕部分
 ベーム指揮 ザクセン歌劇場管絃樂團 Victor DM538-21/30

 第67回 2007年5月12日(土)
序曲&前奏曲集
 《リエンチ》、《和蘭人》序曲、《ローエングリン》、《トリスタン》《パルジファル》前奏曲等

 第68回 2007年6月2日(土)
フラグスタート&メルヒオール特輯
 《ローエングリン》より〈初夜の場〉、《トリスタン》より〈愛の二重唱〉、《神々の黄昏》より〈ブリュンヒルデの自己犠牲〉等

 第69回 2007年7月7日(土)
樂劇《ワルキューレ》第2幕全曲
 ザイドラー=ヴィンクラー指揮 伯林國立歌劇場管(1,2,4場) & ワルター指揮 維納フィル(3,5場)

 第70回 2007年9月8日(土)
アクースティック(ラッパ)吹込みの歌手たち

 昨年のバイロイト詣でから、思ひも一入に、4月21日(土)にはワーグナー研究家の吉田真さんをお招きして「SP期に於けるバイロイト録音」と題して、1927年のヘスリン指揮の〈ワルキューレの騎行〉 Columbia L2017、ムック指揮の〈最後の愛餐に〉 Columbia L2008/10、ジークフリート・ワーグナー指揮の〈聖金曜日の音樂〉Columbia L2013/14A等初期電氣録音から、1936(昭和11)年のヴィニフレート&ヒトラー體制下の録音まで聞きます。江戸川アーカイブのご協力により、とてつもないSP盤が集まり、當日が今からとても樂しみです。その前に『ベルラン通信』を書かねばなりませんが…

|

« 電磁波フォローゲン | トップページ | プレイエルピアノ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。