« ショパン | トップページ | ファルスタッフ »

2007年6月26日 (火)

薔薇の騎士

先週、新國で晝間興行(マチネ)の「薔薇の騎士」を觀ましたが、ジョナサン・ミラーの演出は舞臺を初演の翌年1912年としてゐたのが成功して、久々に樂しめました。

貴族社會の崩壊を誰もが薄々氣附いてはゐるものの、面倒なことは後回し(オックス男爵の科白)にしてゐた爲、ベルエポック(舊き良き時代)もう終はりを告げる感じが所々に出てゐました。17歳の愛人オクタヴィアンとの甘い時間ももうすぐ終はり直に若いほんたうの彼女を見附けて自分の下を巣立つて行くのが怖くて夜中に屋敷中の時計を止めてしまふと云ふ32歳の元帥夫人。彼女の恐怖は時代の空氣でもあつたと云ふ解釈なのでせう。

舞臺は通常は見せない廊下部分も縱に見せて、廣間に入る束の間も見逃せません。情事の翌朝の窓越しの明るい日差し、壁はロココから續く裕福な家なら全て絹織物の筈ですが、既にペンキで簡素かされてゐる所にも時代を
感じさせます。それに對してオクタヴィアンが婚約の使者として訪れる成り上がり者のファニナル家はまるでシェーンブルン宮殿を模したやうな深紅のカーテンと窓にはレースのカーテン、廣間に大きく絨毯を3枚も廣げてゐる割に、扉の上に飾りがないのはこれも時代の所爲でせうが、召使ひは大勢ゐます。そして3幕の料理屋の一部屋が、誰も住まなくなつた館を金持ちが買ひ取り改装中の設定。それ故、部屋はまだペンキが半分しか塗られてゐませんが、廊下の窓枠横にはすでにセントラル・ヒーティングがお目見えしてゐます。新しい時代の息吹を感じさせるものの、まだまだ舊泰然とした價値觀の中で生きてゐる貴族たち。

ペーター・シュナイダーの手腕は矢張り見事で、維納の香りこそしないものの、歯切れの良いテムポでぐいぐい引っ張ります。銀の薔薇献呈やオックス男爵の登場とか、やや溜めが欲しいところもありましたが、東フィルからあれだけ音を引き出させれば十分です。「献立表も曲にできる」と豪語したシュトラウスの濃厚な音樂は、細かい旋律が生かされ、この音型が何を表してゐるのかはっきり解る演奏はたいしたもんでした。

カミッラ・ニールントの元帥夫人は白眉でした。ややオケに消される場面や老ひの悲しさに気附く1幕後半では聲が通りませんでしたが、3幕の登場からして貴族の振る舞ひ、気品が匂ふが如く、イザベラ・バイウォーターの衣裳がこれまたヴィスコンティの映畫「ヴェニスに死す」のやうな大きな帽子に腰を締めたスタイルで美しい。

オクタヴィアンノエレナ・ツィトコーワはやや前髪を振り亂したズボン役ですが、カツラが似合はない以外他、粗野な若者らしさも出てて、メゾの聲も通りよかつたです。ペーター・ローゼのオックス男爵も田舎者丸出しの俗物振りもよく好演。ゲオルク・ティッヒのファーニナルも品のいいお父さん役が素敵。

唯一歌手陣で殘念でしたのがオフェリア・サラのゾフィー。小母さんです。二幕衣裳の時代考証はいいのでせうが、腰を絞つてゐないので、愛らしい花嫁と云ふより姑のやうでした。あれでは若い貴族のオクタヴィアンがどうして惚れるのか疑問。聲はまあまあでしたが、小太りのおばさんではねえ、がっかりです。

合唱陣は歌は良いのですが、演出でせうか、一幕最初に元帥夫人の朝食に陳情や賣り込みに來る下々の者たちがきちんの歌の出の通りに並んで順番に出て來るのを初めてみました。過去にドレスデンの來日公演、伯林の國立歌劇場、コヴェントガーデンでは2回と實演に触れてますが、新國以外は扉を開けた途端にガヤガヤ這入つて來て、我先に陳情するのに今回は秩序があつて順番待ちが日本的だと感じましたね。きっと、毎朝の恒例でうんざりしてる筈なのに、細やかな氣遣ひで接すると云ふ元帥夫人の設定であつたのでせう。

2幕ではオックス男爵の召使ひが酔っぱらって、ファニナル家の女中の尻を追ひ」掛ける情景がありますが、これは悲鳴だけで殆ど見えません。男爵の僕たちは實に大人しい、田舎の人と云ふ感じで詰まらない。もっと、禮儀をわきまへない粗野な感じを出して欲しかつたです。3幕でオックス男爵に一泡吹かせようと色々な所に隠れた人々が通常は敷布でも被つて幽靈役で脅かすのですが、今回はただ人が隠れて脅かすだけでした。そして、勘定の請求、隠し子の叫び等も綺麗に並んで秩序ありすぎです。

と文句も多々ありますが、全般に素晴らしい演奏で歌劇の醍醐味が味はへました。千秋樂と云ふことでオケも上手になつてゐたのかも知れません。DVDでは息子クライバーと維納のいいのがありますが、日本の「薔薇の騎士」としては今回のが最上の出來でせう。



R.シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」


DVD

R.シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」


販売元:ユニバーサルクラシック

発売日:2002/06/26

Amazon.co.jpで詳細を確認する

店でよく掛けてるのは父クライバーのもの。こちらもメリハリの効いた演奏。甘くはありません。



R.シュトラウス:ばらの騎士


R.シュトラウス:ばらの騎士


アーティスト:クライバー(エーリヒ),ウィーン国立歌劇場合唱団,ライニング(マリア),ヴェーバー(ルートヴィヒ),ユリナッチ(セーナ),ペル(アルフレード),ギューデン(ヒルデ),ヘルヴィッヒ(ユディット),クライン(ペーター)

販売元:ユニバーサルクラシック

発売日:2000/09/30

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« ショパン | トップページ | ファルスタッフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショパン | トップページ | ファルスタッフ »