« 演目 | トップページ | フラグスタート »

2007年6月 1日 (金)

サンドとワイン

5月19日のサンドの料理に合はせたワインも掲げてをきませう。

 ○2002年産 モンムスー 「トゥーレーヌ」 キュヴェ・J・M ヴァン・ムスー
 「佛蘭西の庭」と讃へられるロワール河。その中流に位置するトゥーレーヌ地區で採られた葡萄からワインを造り、再度瓶の中で二次醗酵させ、傳統的方法でその炭酸瓦斯を封じ込めた發泡酒です。爽やかで細かい泡が心地よく刺戟しました。シュナン・ブランでも結構美味い辛口の発泡酒になるものです。

Sancere ○2005年産 アルフォンス・メロ 「 サンセール」 アン・グラン・シャム
 1513(永正10)年の文献に既に名前が出て來るメロ家は、家族經營の大きな醸造所で、丘の頂上近く、南西向き斜面に廣がる最上の畑を所有してゐます。次期當主となる19代目のアルフォンス・エドモンド・メロは品質管理を徹底し、サンセールでは珍しく、オーク樽を一部使ひ、青臭くなりがちなソーヴィニヨン・ブランに複雑さを與へてをり、美味かったです。

 ○2005年産 ピエール・ゴーティエ 「ブルグイユ」  ジュール・ド・ソワフ
ピエール・ゴーティエは農藥や除草剤を一切使はず、土を鋤き返して空氣を入れた畑で葡萄を造り、蟲が附き易いので、非常に手間の掛かる作業を經て、亞硫酸すらも無添加にして、自然派ワインに拘つてゐます。それ故、水っぽくない、カベルネ・フランらしい枝っぽい味はひの上品な赤ワインでした。玉葱の甘味が生きたベアルヌ風牛フィレには合はないと云ふお客様と、絶妙であつたと手放しで絶賛される方と賛否兩論でした。

 ○2003年産 シャトー・ド・シャムブロウ 「サヴァニエール・ ロッシュ・オー・モワンヌ」
シュヴァニリエ・ブアール キュヴェ・ダヴァン・ドゥー
 サヴァニエール地區のシュナン・ブランは、辛口の白ワインで有名ですが、甘口も造られてをり、ラベルにdoux(甘口)の表示があります。時折頭の痛くなる、單に甘いだけのワインもありますが、これはコクもあり、酸味との釣り合ひもよく、エレガントな味はひでした。

 餘りロワールのワインだけで料理を通して食すことはないので、面白い試みになりました。


|

« 演目 | トップページ | フラグスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 演目 | トップページ | フラグスタート »