« 不運續き | トップページ | ベルリン1919 »

2007年6月15日 (金)

現役高校生

 中學生ライダーとして全日本125cc級を制覇した中上貴晶は活躍の場を西班牙へ移し、MotoGP Academyの一員として走つてゐます。まだ、高校生にして一人で西班牙選手権を出走する器の大きさに期待してゐます。「第二の加藤大治郎」の譽れも高く、英語の遣り取りに苦戰しつつも、自分の意思を傳へない限りマシンが最高の状態に仕上がりませんから、大いに揉まれて欲しいものです。
 全日本にはまだ高校生ライダーが居るので、そちらの應援も欠かせません。例へば、高橋裕紀を輩出したダイドーの渡辺一馬!まだ、あどけなさが殘る現役高校生故、ブログを讀んでも試驗のことだとか、取材を受けた話、飼ひ犬の話など、稚拙な身近な話題がほほ笑ましい。これからの活躍を大いに期待したいところ。

|

« 不運續き | トップページ | ベルリン1919 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不運續き | トップページ | ベルリン1919 »