« 地圖 | トップページ | 手作り »

2007年7月 6日 (金)

ニッパー

P7040237 「お宅はビクターさんの子會社ですか」と時折訊かれます。蓄音機の上のニッパー(犬)の置物や、ブックエンド、レコード臺等、彼方此方にニッパーが飾つてある爲にさう思はれたやうです。極め附けはこの繪でせうか。
 畫家バラウドがこの繪を英國エディソン社に斷はられて、英國グラモフォン社に賣り込みに來た時は蝋管蓄音機でしたが、それを圓盤式蓄音機に描き替へてくれたら買はうと言はれ、そこだけ塗り潰して描き直したのがこの繪です。100ポンドの金額提示があつて一氣呵成に描き直したのだとか。1899(明治32)年のことです。以來、この型の蓄音機はB型とは呼ばれず、「登録商標型(トレードマーク・モデル)」と呼ばれてゐます。魂を吸はれると思はれたり、悪魔の手先と考へられた蓄音機が親しみをもたれる切掛になつたのですね。
 天井の電球やら非常口案内よ燈が亂反射していい畫像とは云へませんが…。

|

« 地圖 | トップページ | 手作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地圖 | トップページ | 手作り »