« 自動車 | トップページ | 海の日 »

2007年7月13日 (金)

Ryu 今月初めに有田へ行つた際には、李荘窯で素焼きの素地に焼くと青くなる「呉須」で描かせて貰ひました。塗り物とまた違つて、たっぷり呉須を筆先に附けてから描きますが、筆を下ろし過ぎると浸み過ぎてしまひ、触るだけでは描けず、これまた一苦勞。一度に描けなければ、當然重ねて塗るのですが、思ふやうに運べません。それでも、細かさで誤魔化さうと自分の干支の「龍」に挑戰です。
 昔、落書きした程度で細かいところを覺へてゐませんが、想像の動物なのでその邊りは許して貰ひませう。鱗を描くだけで、だんだんと疲れて來た爲、場所により随分差が出てしまひました。大作に終える筈が、雲は李荘窯の寺内信二さんにお願ひすることにしました。來週末位には焼き上がると云ふことなので樂しみです。
 何となくコツを掴んだのと、時間に餘裕があつたので、少し小振りの酒器に再度挑みます。今度は自分のバイク、BMW R-26とまたクラシックカーです。はたと困つたのは、細部が思ひ出せないことです。いつも跨つた姿勢でしか見てゐませんでしたし、足下のレバー等どんなであつたか、うろ覺への中で適當にやるしかありません。描き始めてから失敗したと後悔しました(笑)。仕上がりが樂しみです。

|

« 自動車 | トップページ | 海の日 »

コメント

おーっ、有田まで遠征なさったのですね。 五月の連休は、カミさんと通りを一往復半、なかなか帰ろうと云わなかったものですから・・・・・(汗)
 焼き上がりが待ち遠しいですね。 期待しています。

投稿: smatu | 2007年7月15日 (日) 23時09分

そのうちに有田・唐津旅行の報告致します。陶器市は掘り出しものがあるかも知れませんが、人が多くて疲れるので、外して正解でした。

期待して頂くほどのもんじゃございませんよ(笑)。20日過ぎには焼き上がるとのことでした。

投稿: gramophon | 2007年7月17日 (火) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動車 | トップページ | 海の日 »