« 烏賊の活き作り | トップページ | 骨董 »

2007年8月 7日 (火)

唐津焼

 土物には一樂、二萩、三唐津と云ふ言葉があるやうに、信樂焼き、萩焼きそして唐津焼きがよいとされてゐます。特に唐津のぐい呑みは使つてゐるうちに酒が染み込んで、色艶が増して良くなるのですね。どうも、そこまで愛着を持てるものを持つたことがありませんが、輪嶋塗りの使つて育てるのと似てゐます。
 唐津にはお茶わん通りと云ふ、名窯が並ぶ通りが在り、運轉手さんのお勸めで有名作家の店を訪問。確かに、ホテルの賣店に有つたものよりも器が主張してゐます。只、もう有田でわんさか買つてしまひ豫算も越えたことと、こちらに迫つて訴へて來るものがなく何も買ひませんでした。

|

« 烏賊の活き作り | トップページ | 骨董 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 烏賊の活き作り | トップページ | 骨董 »