« 不都合な真實 | トップページ | 夏期休暇 »

2007年8月14日 (火)

出來上がり

Arita_2 九州、佐賀旅行で有田の李荘窯さんで繪附けした器が届きました(7月13日参照)。細かい繪に薄い色を附け、外周りは青磁のやうにうっすら青く仕上げてくれました。佳い色です。一寸殘念なのが、お願ひしてあつた龍に雲が描き入れてはをらず、古典的自動車や自動二輪車が釉の所爲で滲んでしまつたことです。思ひ通りには行かないものなのですね。素人の繪だとしても、器として飲食に何ら差し障りはありませんから、自畫自賛して使ひますよ。

Arita2_2 それに對して、ラーメン丼の方が素晴らしい色が出て、味はひ深いものとなりました。回轉臺に載せて、グルグル回してる間に筆を上下させて波を描き、内側は山に、外側は雨模様にしたのですが、豫想以上に立派な落書きとなりました。素焼きの際の1割位は縮んだ氣がしますが、これならば喩へ即席麺だらうと美味いでせう。何せ世界に一つ。自分が描いた器です。

|

« 不都合な真實 | トップページ | 夏期休暇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不都合な真實 | トップページ | 夏期休暇 »