« ヴィスコンティの遺香展 | トップページ | 一輪車 »

2007年8月21日 (火)

壮行會

Sokokai01 去年の自動二輪(バイク)周回軌道競走(ロードレース)、世界選手権(World Grand Prix)日本大會の壮行會は「蓄音機の會」の爲、最後まで見られなかつたのですが、娘が青山周平選手の直筆署名の入つたTシャツが當たりました。今年の壮行會も試合を放映してゐるG+、日テレの關係で汐留であり、地下廣場、特設舞臺でした。早い人は朝4時半から場所を取る爲に來たらしいのですが、真夏の炎天下、そんなに長いこと直射日光に當つては引っ繰り返つてしまひますので、1時間前から座つてゐました。帽子に團扇、手拭ひ、それに水分補給を重ね、始まる頃にはビルの陰に入りやつと一息附けた感じです。

Aoyamabr メーカーを越えて、參戰する日本人ライダー7名が登場!排氣量125cc級の小山知良、250cc級の青山博一、青山周平兄弟(左圖:左弟、右兄)、高橋裕紀そして関口太郎)、MotoGP級の中野真矢と玉田誠、そしてスポット參戰する秋吉耕佑(先日の鈴鹿八耐優勝者)が出席して、それぞれ抱負やレースの見所を語りました。今年は全員の實筆署名(サイン)の入つた大きな貼り紙(ポスター)が2枚が抽選ではなく、じゃんけんでした。たったの2人。昨年は當たつてゐるだけに、物に釣られて來た者には不服でした。
 
Sokokai02 私の不服には關係なく、いよいよ、來月21~23日、栃木縣茂木市に在る「ツインリンクもてぎ」で開催されます。一緒に應援する人に囲まれると、彌が上にも盛り上がりますね。註文した入場券、大治郎席券も届き、豫選の日から、決勝戰の前泊で行つて來ます。

|

« ヴィスコンティの遺香展 | トップページ | 一輪車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィスコンティの遺香展 | トップページ | 一輪車 »