« 印傳 | トップページ | ソレイユ »

2007年9月 5日 (水)

マルス

 翌日は朝から試飲です。今回は7名だけですから、ジャムボ・タクシーを貸切り、効率よく回ります。甲府に近い石和は甲府盆地の中でも最初に葡萄が収穫される場所です。其処に鹿兒嶋で焼酎を造る本坊酒造さんが開いた葡萄酒醸造所「マルスワイン」が在ります。以前、ベルランでも「甕仕込み」を扱つてをり、また「星舎上等梅酒」を置いてゐるので、營業さんを通じて試飲を申し込んでをきました。

Dh23 中規模の立派なワイナリーで、街道沿ひに在り、觀光バスも停まる鉄筋コンクリートの立派な施設です(1960年創業)。簡單に貯藏庫や瓶藏庫を案内して貰ひ、硝子張りの瓶詰め工程を見てから、再度地下の試飲室で試飲です。觀光客は地上階のお土産屋で無料試飲で酔っぱらひ乍ら安いワインを購入するだけですが、我々はきちんと味をみなくてはいけません。

 焼酎に使ふ甕で貯藏したところ思ひの他葡萄本來の味はひが出て良い結果が得られた甕仕込み。〈甲州〉と〈マスカット・ベリーA〉共に品のよい仕上がりです。〈甲州〉には鮎の鹽焼き、榮螺(サザエ)の壺焼きが食べたくなりました。〈マスカット・ベリーA〉にはスパゲッティや餃子なんかでもいけさうです。その前に頂いた「穂坂収穫」の〈甲州〉と〈カベルネ・ベリーA〉もとても綺麗な造りで嫌味がなく、何でもありの日本の食卓に合ひさうな味はひです。

 そして、まだ収穫量の少ない交配品種〈甲斐ノワール〉は野趣に富んだ味はひで胡椒のやうな香辛料みたいな後が少し殘るのでサラミや生ハムに合ひさうです。最後は自社畑「日之城」で造られた〈カベルネ・ソーヴィニヨン〉。此処でしか買へないだけあつて(單に數が少ない)、風格もあり、濃縮感のある複雑な香りに、アミノ酸系のコクがあり、これは立派なワインでした。

|

« 印傳 | トップページ | ソレイユ »

コメント

 甲府は前職でよく出張していました。
 地鶏と地ワインが美味しい印象があります。
 甲府ワインは和食に合う稀有なワインで、私は好きです。特に地元の甲府地鶏との相性がよかったです。
 やはり地元の食材に地元のワインというのが一番のマリアージュなんでしょうか。

投稿: Tiberius Felix | 2007年9月 5日 (水) 23時47分

〈甲州〉単体だとシャルドネやリースリングに慣れた舌には弱い印象を受けますが、実は底力があって和食にとっても合いますね。

甲州地鶏はまだ食べたことがありませんので、次回試してみます。地元の食材に地元ワインは王道の組み合はせですね。

投稿: gramophon | 2007年9月 6日 (木) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 印傳 | トップページ | ソレイユ »