« タンホイザー | トップページ | 遊覧飛行 »

2007年10月25日 (木)

宵星の歌

 歌劇《タンホイザー》第三幕で、巡禮から戻らない戀人の爲に死を捧げようと決心するエリーザベト。その様子を見送つたヴォルフラムは、彼女の死を豫感し、天使となつて昇天する彼女を優しく迎へて欲しい、と〈宵星の歌〉を歌ひます。映畫《ルートヴィヒ》の中で孤獨を愛するバイエルン國王ルートヴィヒ二世が、部屋を暗くして幻燈により星を眺めたり、リンダーホーフ城の人口洞窟で白鳥の牽く小舟で恍惚とする時に効果的に流れてゐました。

Abendstrn バリトンの歌の中でもよく知られた曲ですから、大勢が録音してゐます。ハインリヒ・シュルスヌス Grammophon 35023B、アレキサンダー・キプニス Nippon Columbia 8066、ゲルハルト・ヒュッシュ HMV DB4049の3枚が手元にありました。シュルスヌスの甘い聲が優しさに溢れてゐて好きです。

Sweetstar パブロ・カザルスも舊吹込時代にオケを從へColumbia 49813、電氣録音時代にはメントニコフの伴奏で入れてゐます(HMV DB1012)。これは雑音が多く蚊の泣くやうな心許ない音乍ら、舊吹込の方がいい味はひがありますね。

|

« タンホイザー | トップページ | 遊覧飛行 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宵星の歌:

« タンホイザー | トップページ | 遊覧飛行 »