« はじめてのオペラ | トップページ | 甘酒 »

2007年12月 5日 (水)

グリューヴァイン

 かう寒くなつて來ますと、獨逸の温かいワイン、「グリューヴァイン」を思ひ出します。基督降誕祭前に廣場にできる「クリスマス市」でそぞろ歩きをするだけで足下から寒さがこみ上げ、顔がヒリヒリ痛い位ですから、途中の屋臺でこのグリューヴァインを頂きます。プラスチックカップに入って、湯氣が出てゐる甘口の赤ワインです。單に赤ワインを温めるだけでなく、オレンジの皮や何か香辛料が足してあり、胃の中からじんわりと温まります。決してうまいものぢゃありませんが、零下の戸外で大ぴらに酒が飲めるのも、温かいワインだからです。感覺としては甘酒みたいなもんでせうか。

|

« はじめてのオペラ | トップページ | 甘酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめてのオペラ | トップページ | 甘酒 »