« ゴミ | トップページ | 失態 »

2007年12月18日 (火)

長蛇の列

 この日曜日でサントリー美術館で開かれてゐた「鳥獸戯畫展」も終はりました。甲乙丙丁四巻の後半部分でしたが、兎と蛙の相撲、麒麟のやうな靈獸、猿の擬人化、滑稽な人物等滅多に見られない素晴らしいものでしたが、閉口したのが長蛇の列です。土曜日の10時少し過ぎに行ったのですが、もう最前列で觀る爲にはずっと辛抱強く並ばないといけません。2列目とか、人影からではじっくり觀られません。うしろの一組の若い男女は「これって江戸時代の作だっけ」とか突拍子もない話に、へなへなとこちらの力も抜けますが、我慢の15分。やっと繪巻物の前に辿り附き、細かい筆遣ひや空間の妙を堪能できました。
 1時間掛けて至福の時間を過ごして、外へ出ると大勢の人垣と「入場制限中!10分待ち」の札。美術館は開館と共に這入るのはいいやうです。特に最終日近くは…

|

« ゴミ | トップページ | 失態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴミ | トップページ | 失態 »