« 六代目 | トップページ | 書畫箱 »

2008年2月14日 (木)

猪口冷糖

 聖ヴァレンタインに女性から思ひを寄せる男性に猪口冷糖を送るのは、はっきり言つて猪口冷糖會社の陰謀に他なりません。歐州では好きな人に何か一寸したものをあげることもありますが、世の中全體で、さうしない女性は人でないやうな風習はありません。

 私はこのチョコが正直苦手。その昔、白耳義で働いてゐた頃に旨いプラリネやトリュフを食べ過ぎた所爲か、日本のミルクチョコがいけません。甘ったるく、脱脂粉乳が鼻に附いて全く美味しいとは思へないのです。嗜好品ですから、お好きな方はどうか私を非難しないで下さいね。好みの問題なのです。

 精々味見はする程度で、ヴィター以外口にしたくもないので、家族には、どうかブラックかヴィターにしてくれと散々お願ひしてゐます。併し、結局、子供たちは手作りに拘りミルクになり、かみさんは何処ぞの高級チョコを買つてくれますが、全然嬉しくないどころか苦痛です。勿論、「ありがたう」とお禮は言ひますが、感想を求められれば、正直に言ってしまひますから、ボロクソです。人の好意を無にすると非道く怒られますが、具體的にこの舌触りは嫌だとか、旨いと感じないないものを旨いとは決して言へない唐変木なので、いつも揉めます。
 今ではコンビニにも置いてあるカカオ70%とか、ごく普通のヴィター味の板チョコで十分滿足するのに、わざわざ足を伸ばして、有名店に並んで買つたと云ふ行爲の押し賣りにもうんざりです。欲しくもない猪口冷糖を貰つて、來月にはお返しをしなくてはならない。こんな風習なくならないものでせうか。

|

« 六代目 | トップページ | 書畫箱 »

コメント

はじめまして。芦屋の山村サロンのHPからどこをどうやらこちらにたどりつきました。デッカ・デコラ、クレデンザの音とは如何なる物か一度伺いたいと思ったのですが、そちらのお店は閉店されたとのこと、残念です。

投稿: kosato | 2008年2月17日 (日) 03時32分

 kosakaさん、それは殘念でした。只、私のはHMV194ですから、デッカでも、クレデンザでもありません。

投稿: gramophon | 2008年2月18日 (月) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六代目 | トップページ | 書畫箱 »