« 掛け軸 | トップページ | 會計 »

2008年2月 6日 (水)

伯剌西爾

 以前1階で使つてゐた珈琲問屋A社は吸収合併されてから、週一回の配送のみとなり、纏まった註文でないと持つて來てくれませんでした。そこで珈琲機械會社から紹介して頂いた中から選んだのは「カフェ・パウリスタ」さんの「オールド・ブレンド」です。伯剌西爾(ブラジル)産の珈琲で私の好きな酸味の少ない穏やかで餘韻の長い味はひが素敵です。1913(大正2)年に直營店を銀座に出し、

 「鬼の如く黒く、戀の如く甘く、地獄の如く熱き珈琲」

として賣り出したのだとか。この昔のブレンドを復活させたのが「オールド・ブレンド」ださうで、すき焼の後に持って來いと云へませう。他にも3種程味はひを試してみましたが、高いものは當然文句なく美味いです。でも、うちはすき焼屋でありカフェーではありませんから、そこまで拘る必要もありません。
 弊社は1880(明治13)年創業ですが、パウリスタさんは1904(明治37)年の創業と同じ明治からの老舗です。
 來週より一杯525圓にてご提供します。懐かしいベルランの杯と下皿、それにクリストフル・ホテルの銀器です。食後に如何でせう。

|

« 掛け軸 | トップページ | 會計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 掛け軸 | トップページ | 會計 »