« デジカメ | トップページ | 猪口冷糖 »

2008年2月13日 (水)

六代目

Photo 自分はすき焼〈今朝〉の五代目に當たりますが、歌舞伎界で「六代目」と云へば、これはもう「六世尾上菊五郎」を指します。明治生まれの六代目は大正・昭和の時代の花形役者として舞臺に上がり、戰後の混亂が収まる前の1949(昭和24)年(1949年)に出演中に倒れ、療養の甲斐なく亡くなつてゐます。大柄であつた爲、小道具を大きくして女形や娘を演じ、立ち役も得意で、近代的な解釈をどんどん取り込む先進性も取り合はせた稀有な存在でした。歌舞伎に疎ひ私ですら知ってる位ですから、詳しい方には敵ひませんが、倉庫の整理をしてゐたら、ばったり六代目にお逢ひして吃驚。隈取りとは云へ、音羽屋の氣迫が傳はります。

|

« デジカメ | トップページ | 猪口冷糖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジカメ | トップページ | 猪口冷糖 »