« 天然鹽 | トップページ | 寝豚温泉 »

2008年3月 7日 (金)

千枚田

Senmaida 能登には小さな土地を耕し、やっとお米を穫る日本の原風景とも云ふべき棚田が多く在ります。特に保護されてゐる「千枚田」は途中道路が隔ててゐるとは云へ、全部でほんたうに千枚以上あるのだとか。其の昔、全部耕し終へたお百姓さんが、蓑を取り上げたら其処にまで田圃があつたとも云はれてゐます。
 耕耘機も入らない、小さな田圃ばかりですから、無償奉仕(ボランティア)も募集してゐます。その上、稲作を存續させる爲の田圃の管理ができる「オーナー制度」も設けたさうです。所有権、賃借権はありませんが、年間を通じて他の田圃の方々と一緒に作業するのは面白いかも知れませんね。活動支援の「トラスト制度」もあり、希望により體驗もできるのだとか。どろんこ遊びや土いじりすらやったことのない都會の子供にはいいかも知れません。

|

« 天然鹽 | トップページ | 寝豚温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天然鹽 | トップページ | 寝豚温泉 »