« 花一重 | トップページ | 箱根 »

2008年5月 1日 (木)

タンテ

Tante 戰前の獨逸航空機として、また輸送機として活躍し「タンテ(小母さん)ユー」の通稱で親しまれたユンカース JU52が觀光用として未だに飛んでゐます。ルフトハンザのJunkers Ju-52 D-AQUI。3機のプロペラ・エンヂン、鈍く銀色に輝く波形のジュラルミン板、何かモサッとした感じが飛行艇ドルニエ・ドックスと並んで、とても好きです。人殺しの道具となつた戰闘機は苦手ですが、黎明期の飛行機には魅力ある機體も多いものですね。

 ミュンヘンの交通博物館の飾られてゐるものと、その昔ハムブルクの空を遊覧飛行してゐるのを偶然見たことがあります。博物館では乘り込んで見學できますが、地上では斜め上を向ひてゐます。飛行中は平行になるやうに設計されてゐるのでせう。併し、まだ實際に飛んだことはありません。昔のニュース映像でヒトラーやフルトヴェングラーも飛んでゐた氣がします。いつか乘つてみたい飛行機です。

|

« 花一重 | トップページ | 箱根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花一重 | トップページ | 箱根 »