« 短歌 | トップページ | 美の壺 »

2008年6月 5日 (木)

愛宕山

 來たる7月30日(水)18時30分より、すき焼今朝、大廣間に於いて、薩摩琵琶奏者、友良鶴心さん演奏による  
《愛宕山》を聽いた後、しゃぶしゃぶと日本のワインを樂しむ會を開きます。

 德川家光の時代、愛宕山の急階段を馬で驅け上がった曲垣平九郎の武勇傳を語る琵琶樂《愛宕山》。講談《寛永三馬術》にも出て來る有名な話らしいのですが、當年とつて44歳の自分は全く知らず仕舞ひ。だいたい、講談と云へば、せいぜい夏に流される《牡丹灯籠》か、《番町皿屋敷》のやうな怪談話が關の山。ところが、70代の親父の世代の人に「愛宕山」と尋ねれば、直ぐ様「曲垣平九郎」の名が上がります。こんなところにも、世代の差があります。ましてや、ギャル男くんたち20代とは隔世の感がありますね。

Music講談十八番大全集 寛永三馬術


アーティスト:大島伯鶴(二代)

販売元:インディーズ・メーカー

発売日:2006/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 短歌 | トップページ | 美の壺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短歌 | トップページ | 美の壺 »