« 750ライダー | トップページ | 星合 »

2008年6月25日 (水)

西の魔女は死んだ

Majo 雨の日曜日に、家族揃って映畫鑑賞。學校のことで惱む長女に心の變化をもたらすかと思ひ、梨木香歩原作、長崎俊一作品〈西の魔女が死んだ〉を觀に行く。

 不登校の中學生「まい」は暫く、英國人祖母の下にやっかいになる。魔女の系統だと云ふ祖母から、草木の智惠を授かり、自分も先の見通せる魔女になる爲の修行を始めるのだった。併し、科せられた課題は早寝早起き、よく食べ、よく運動して規則正しい生活をすると云ふ至つて單純なもの。自分を見詰め、自分で決斷する勇氣を養ひ大人へと成長する過程を描いてゐます。

 靜かな森の一軒家。清里で撮られたと云ふ、祖父が祖母の爲に建てた英國風の家はさもありなん、よくできたセットに感心します。主演の女の子は新人さんですが、温かく見守る祖母役サチ・パーカーの優しい綺麗な日本語も素敵。この人の目元は誰かに似てゐる、とずっと思つたら、なんとシャーリー・マクレンの娘さんでした。12歳まで日本に住んでゐただけあつて、違和感がまるでありません。ママ役りょうもきつい顔が逆にハーフぽく見えますし、
郵便屋の高橋克實も如何にもと云ふ風情、そして、隣の變な親父ゲンジを演じる木村祐一の存在感も光つてました。

「死」とは何か、祖母の温かい言葉、そして最後に傳へられる魔女のメッセージ。幕が降りても、我が家のレディースは目を腫らしてをりました。


西の魔女が死んだ (新潮文庫)Book西の魔女が死んだ (新潮文庫)


著者:梨木 香歩

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 750ライダー | トップページ | 星合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/21836483

この記事へのトラックバック一覧です: 西の魔女は死んだ:

« 750ライダー | トップページ | 星合 »