« 鑑定 | トップページ | 朝顔 »

2008年7月 7日 (月)

釣りしのぶ

Turi 盛夏に軒先で風鈴の音が響くと風を感じて、我々は涼しげに思ひますが、歐米人には不快な雑音らしいです。教會の鐘の音の方が五月蠅いと思ひますが、感覺の違ひですね。

 床の間のない或る部屋にも手拭ひを額に入れて飾つてゐます。お題は「釣りしのぶ」。「しのぶ草(ダバリア、マリエイシモーリー)」は、木漏れ日が當たるやうな、湿り氣のある樹や古木或ひは岩肌等で見かける植物なのですが、それを芯となる竹や針金に、細い銅線を使って山苔を巻き附けて、更にその上に「しのぶ草」の根茎を植ゑたもの。風鈴の上の緑に風情があります。
 こちらは淺草に在る「染の安坊」のもの。かう云ふところに飾るには大膽な柄でないといけませんね。

|

« 鑑定 | トップページ | 朝顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/22127393

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りしのぶ:

« 鑑定 | トップページ | 朝顔 »