« 金時 | トップページ | 田舎風グリル »

2008年8月11日 (月)

ウィンナー

Wiener 我々が「ウィンナー」と聞いて思ひ浮かべるのは「ソーセージ」のことですが、元々「維納風」と云ふ意味ですから、生クリームの入つた「ウィンナー・コーヒー」と同じで、「維納風ソーセージ」から來てゐる筈ですね。
 獨逸ですと、それは「細長い茹でソーセージ」を差し、何故か2本一緒にパンと共に供されますね。それにゼンフ(マスタード)をたっぷり塗って戴きますが、子連れ故、ケチャップたっぷりになりました。
 奥は豚肉のソテー。レース場内のテントでの晝食です。こちらは使ひ捨ての紙皿ではありませんから、きちんと戻します。紙皿は捨てますが、麦酒の入つたプラスチックの杯も戻すと換金がある位エコには五月蠅くなりました。

|

« 金時 | トップページ | 田舎風グリル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金時 | トップページ | 田舎風グリル »