« 白ソーセージ | トップページ | 雨避け »

2008年8月22日 (金)

シュニッツェル

Schnitzel 獨逸人が日本に來て非常に親近感を覺へる食べ物が、トンカツです。獨逸ではシュヴァイネ・シュニッツェル(Schweineschnitzel)と申しまして、文字通りトンカツです。そのまま檸檬を搾つて食べるのが普通で、獵師風nach Jaeger Art(木の子ソース)、ツィゴイナーソースZigeuner Sosse(赤ピーマン風味)等もあります。また、維納風となると豚ではなく仔牛のヴィーナー・シュニッツェル(Wieneeschnitzel)に。
 また、鶏や七面鳥もあり、脂分が少なくこちらも人氣があります。

|

« 白ソーセージ | トップページ | 雨避け »

コメント

「ワイマル日記」をこれから読もうと思い、どなたかお読みになった方はおられないかとネットで検索したところ、管理人さんがお読みになっていることを知りました。大変参考になる書評で鞭打たるる思いです。学生時代、喇叭を演奏されていたそうですが、私もブルックナーの七番交響曲第二楽章を聴いたとき、「ああ、自分も演奏できたらどんなにいいだろう」と思ったものです。

現在動画サイトでは各国のファンからすてきな「贈り物」を試聴することができるようになりました。管理人さんがお生まれになる前の動画ですが、保存状態もよく何度も繰り返し試聴したくなる、そんな気にさせてくれる演奏です。

http://jp.youtube.com/watch?v=uSGbM2jvahY

投稿: 野ばら | 2008年8月22日 (金) 11時11分

ご丁寧にありがたうございます。>野ばらさん

ブルックナーの7番〈アダージョ〉の主旋律は
ワーグナー・チューバなのでトラムペットでは
ありませんが、お氣持ちよく解ります。

お教へ戴いた映像はDVDで持ってますよ♪
若きニルソン、我が道を行くクナの名演ですね。

投稿: gramophon | 2008年8月22日 (金) 11時18分

早速のレスコメントありがとうございます。実は・・・記憶違いがありまして、私が聴いたのは第三楽章スケルツォでした。

この雄大な交響曲の喇叭が登場する楽章は、たしかこの楽章のみだったと記憶しております。

最近ご無沙汰しているのですが、ブルックナーの音楽は聴くほどに味わい深いのではなかろうか、そんなふうに思っています。

私が興味を持つ人物や分野、その他もろもろは、リヒテル、デルモナコ、バスティアニーニ、ヴィスコンティ、パゾリーニ、中村真一郎、フレンドシップ(全日空の主力機)、発泡酒(笑)、福沢幸雄・・・まだまあります。

オヤ!どこかで見かけた旅客機が、さて、これから、はたして、離陸するのでしょうか。

http://jp.youtube.com/watch?v=-WY9vR0DsNY


一日に二度の投稿は控えることにしているのですが、誤りがあればすぐに訂正しなければなりません。したがって時間的な間隔を空けることなく、管理人さんの目を煩わせることになりました。まことに申し訳ない!

投稿: 野ばら | 2008年8月22日 (金) 14時49分

三樂章の主旋律でしたか!了解です。

全く煩はせてなんてゐませんので、大丈夫ですよ。
こちらこそ、こんな偏屈なブログに一日に二度もコメント戴き光榮です。

投稿: gramophon | 2008年8月22日 (金) 16時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白ソーセージ | トップページ | 雨避け »