« テラスでの晝食 | トップページ | ゴージャスな夕食 »

2008年8月27日 (水)

下草

Kizan 今回は車ではなく電車で行った爲、タクシーで移動です。鹽山の〈機山ワイン〉は毎年必ず寄る醸造所です。何時行っても、ホッとする肩肘張らないワインの造り手です。自宅での夕食にぴったりのワインばかりですが、ご夫婦二人の手造り故、賣切れ續出で買へないことも屡々です。クセがなく飲みやすい〈白〉、夕食のお供にぴったりな〈ファミリー・リザーヴ〉は我が家のお氣に入りで、〈スパークリングワイン〉はすき焼「今朝」でも常時置いてゐます。お祝ひの席に是非、お召し上がり戴きたい發泡酒です。小さな醸造所でも、寝酒には〈マール〉、お菓子には〈ブランデー〉と食前酒から食後酒まで全て揃ふのも立派です。

 裏の畑にはメルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネが植ゑられてゐますが、マンズの雨避けが掛かり、垣根の葡萄房には雨が附きません。然も、害蟲防止に多量の農藥を撒かないので、畝の間には下草が生い茂ってゐます。只でさへ榮養分の多い日本の土壌では、やや痩せさせる爲の工夫でもあります。裾は濡れましたが、収穫前の畑の様子が判るのは有り難いことです。

 ご夫妻のワインに對する思ひの一杯詰まった味はひは、料理の邪魔をせず、杯が進むごとに自然と笑顔になり、團欒の一時となることでせう。

|

« テラスでの晝食 | トップページ | ゴージャスな夕食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/23234558

この記事へのトラックバック一覧です: 下草:

« テラスでの晝食 | トップページ | ゴージャスな夕食 »