« 當選 | トップページ | 實況録音 »

2008年10月24日 (金)

江戸情緒

Nakamuraza この間、淺草寺境内の「平成中村座」公演、《假名手本忠臣藏》のC組を觀ました。桃井家家老、加古川本藏に焦點を當てた構成となつてをり、大序〈鶴ヶ岡社頭兜改めの場〉の次、滅多にやらない二段目〈桃井館力彌上使の場〉が入り、既に許嫁である小浪に逢ふ場面や、三段目〈足利館表門進物の場〉及び〈松の間刃傷の場〉を挾んで、八段目〈道行旅路の嫁入〉では勘三郎の戸無瀬と七之助の小浪の踊りも入り、九段目〈山科閑居の場〉です。

 江戸情緒たっぷりに靴を脱ぎ、狭い椅子席で見ますが、館内でお辯當も食べられ、狭い分聲も通り、花道も近く、よく觀えて樂しかつたです。文樂で好きな〈山科閑居の段〉は義太夫節と科白の違ひや、「でかしゃった、でかしゃた…」と泣きの入る場面の違ひが樂しめ、仁左衛門の本藏が切られた後には、目頭が熱くなります。
 橋之助の若狭之助、彌十郎の高師直、瑞々しい七之助、孝太郎の顔世御前とお石、勘太郎の鹽谷判官、若人の活躍が光りました。歌舞伎は役者を見るものですが、役者が揃ふと尚更素晴らしい。

|

« 當選 | トップページ | 實況録音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/24677031

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸情緒:

« 當選 | トップページ | 實況録音 »