« 劇中劇 | トップページ | すき焼パーティー »

2008年10月16日 (木)

艶笑噺

 昨日はぽけかる倶樂部さん主催のお座敷落語の會がすき焼今朝の大廣間で行はれました。晝食時故、すき焼御重を召し上がつて戴いた後、三遊亭鳳樂さんのお噺です。近頃は廣間をもつ店も少なく場所探しがたいへんなのだとか。

 久し振りの大勢さんで厨房、仲居も反省點が多く恐縮です。飲み物は個別精算故、註文を取りお出しする間合ひや、料理を出す間隔、お下げする時間帶等、色々と勉強になりました。通常「すき重」は玉子とじなのですが、30名近く一度の調理できず、「温泉玉子」を先にお出ししたら、それだけ先に飲まれてしまつたり… それでもさすがは古典落語の大家であるだけに、落語は笑ひ聲が廊下へ響く程盛況で、また、ご利用戴けることを祈つてをります。

|

« 劇中劇 | トップページ | すき焼パーティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/24516805

この記事へのトラックバック一覧です: 艶笑噺:

« 劇中劇 | トップページ | すき焼パーティー »