« 笑顔 | トップページ | この一年 »

2008年12月26日 (金)

贈り物

 この間のウェルカムプラザでの恒例の行事は、抽選會と握手のみで、サインは御法度でした。併し、終了後暫く待つてゐると私服に着替えた選手が續々と二階の階段から下りて來て、實に氣樂に應じてくれました。勿論、黒山の人だかりでしたが、押し合はず、さして混亂もなく割に順繰りに。

 清成龍一選手商品は今回何も持つて來なかつたので、高橋裕紀選手にひとり絞り待つてゐました。裕紀(親しみを込めて呼び捨てにします♪)とは獨逸Grand Prixのパドックで一緒に撮つた寫眞がありますので、其処にして貰ふ爲です。握手會の折りに來年は獨逸へ行けないと傳へたら、とても寂しそうな顔をしましたが、茂木には行きますよと應へる、元氣に「お待ちしてゐます」との一言にこちらも感激。來年は本格的に應援しなくてはならないぞと云ふ熱い思ひが沸き上がるのでした。
 伊太利へ渡つた當初、會話も苦手で誰とも話さないレースを心待ちにしたと云ふ裕紀。大きな怪我で足の指先の感覺を失つても不屈の精神で勝ち取ったMotoGPの座席。大治郎が果たし得なかった年間優勝を是非飾つて欲しいものです。

 階段下で待つてゐても、真っ先に自分の所まで降りて來てくれて、差し出した寫眞に自著をする前に「下まで降りていいですか」とご丁寧な言葉。焦つて差し出した自分が恥ずかしい(瀧汗)。押されて誰か倒れでもしたら、危ないですからね。何と大人になつことでせう。24歳の今が伸び盛りなのに違ひありません。今年の基督降誕祭の大きな贈り物を戴きました。

 背番號26、ペドロサの愛車に跨ることもできました(笑)。全くいい年して小僧と
同じやうに喜ぶ自分。

|

« 笑顔 | トップページ | この一年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/26400324

この記事へのトラックバック一覧です: 贈り物:

« 笑顔 | トップページ | この一年 »