« 名作の復活 | トップページ | ナシェ:哀傷のラメント »

2008年12月 3日 (水)

未だ歸國せず

 全く人騷がせなもので、ほんの一週間のつもりの筈が未だに歸へつて來ません。實はうちの兩親、タイの首都で大規模な示威運動(デモンストレーション)と占拠があつたその日にバンコックから歸國豫定でしたが、空港を占拠された爲、ホテルに戻り、長い休暇續行中。取り敢へず、無事の連絡が入りましたから、いちいち電話しませんが、さすがに、かうも長引くと心配になりました。通常はタイ國王の一言で収まる筈らしいのですが、一應デモも終了するやうですが、まだ空港檢査、整備等何時運行が再開されるか目途は立つてゐません。

 昨晩、電話が入り、本日の臨時便で歸へるとの連絡があり、一安心。まさか身内が巻き込まれるとは、世界は狭くなりました。

|

« 名作の復活 | トップページ | ナシェ:哀傷のラメント »

コメント

それは、ご心配なことでしたね。
予定通り臨時便が発着し、ご両親様がご無事にお帰りに成られることをお祈り申し上げます。

投稿: なつ | 2008年12月 3日 (水) 14時03分

 お陰様で無事戻りました。何でも13時離陸豫定なのに、6時集合故、4時半には起きて、軍の空港までバスに揺られ、搭乘手續きにも手間取り、さすがに74歳と68歳には堪へて、くたくたになったやうです。

 聞けば、CNNとか事前に退去勸告してたさうですが、日本の報道では一切そんな話しも聞かれませんでしたね…。

投稿: gramophon | 2008年12月 4日 (木) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/25818470

この記事へのトラックバック一覧です: 未だ歸國せず:

« 名作の復活 | トップページ | ナシェ:哀傷のラメント »