« 本日出勤 | トップページ | 22社 »

2008年12月 8日 (月)

池上實相寺

1 池上實相寺ではえらい樣々な催しを「寺子屋」いふてやッてはりますけんど、今回初めて參加した「文樂ワークショップと鑑賞會」では太夫(豐竹英大夫)、三味線(鶴澤燕三)、人形主遣ひ(桐竹勘十郎)それぞれの工夫を凝らした公開演技(デモンストレーション)も珍しうて、おもろかッたんやて。

 まづは聲に出さんといけへん、と英大夫自らの指導で義太夫節を大合唱。《壷坂觀音靈驗記》より

2  三ツ違ひ乃兄さんといふて暮らして居る内に
  情けなやこなさんは 生まれも附かぬ疱瘡で
  目かい乃見えぬその上に 貧苦にせまれど 何乃その
  一旦殿御の澤市ぁん  たとへ火の中水の底
  夫婦ぢゃと思ふばかりか これ申し

 こんなん讀めまっか、讀めへんかッてワインバーで開いてボソボソ語はればええんです。もてまッせえ! 出ッ尻、鳩胸にせなあかん、そこは伸ばさんと止め、言葉は江戸時代の大阪辯でんがな!情を語るんはたいへんでッせえ。へえ、自分で聲にすると、ようけ分かります。

 燕三は淨瑠璃の初期と最盛期では語りの量が違ふと言ひ、具體例を彈き語り。常々、心の中で謡つてないと大夫さんに附いて行きはりまへん。續いて素淨瑠璃で《菅原傳授手習鑑》より〈寺子屋の段〉後半を演じて下はりました。自分の子を身代はりとした松王丸の笑ひ泣きが目に浮かびます。

 そして、今年は紫綬褒章等お祝ひずくめの勘十郎は黒子衣裳のまま、松王丸に使ふ百日の頭だけを取り出して紐や支える棒の扱ひを見せ、〈車曳き〉を梅王丸、櫻丸の足だけで演じ、「首實驗の場」で一人遣ひの人形、兒と爺さんを觀客にもやらせて大喝采。最後に衣裳を附けた松王丸の笑ひ泣きを披露し、しんみりと終はりました。

 懇親會では、演者が卓子を回り樂しく語らひ。二月の東京公演で觀た《義經千本櫻》より〈河連法眼館の段〉終幕、狐義信と共に勘十郎も宙吊りになつて幕引きとなる時、どんな氣持ちやッたんか直接訊けたんが嬉しうおました。人形なしの稽古はえらい、怖いさうで常に人形と一緒なんやとか、大阪では客席の上を飛んで行くんやとか、しんどい言ふてもジムで鍛へる時間もあれへんとか、そりゃあ、もうおもろい話が飛び出してきはりましたわ。
 二十代の若手の人形遣ひは現在三人だけやけど、勘十郎さんの前十年も誰も居らなんだから、最初は可愛いがられたんのに、入門した途端に態度がコロッて變はッてしもて、何や、昨日まで優しいおっさんがいきなりと思はれたんやと(笑)。ほんま、樂しかったわ。

|

« 本日出勤 | トップページ | 22社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/25864619

この記事へのトラックバック一覧です: 池上實相寺:

« 本日出勤 | トップページ | 22社 »