« 15歳の花嫁 | トップページ | 睨まれる »

2009年1月15日 (木)

撤退

 墺地利の自動二輪製作會社KTMが今期、排氣量250ccの世界選手権に出場せず、その上、ホンダが自動車競走國際方式(フォーミュラ)1から撤退を決めたことで激震が走りましたが、世界ラリー選手権(WRC)のスズキにスバルも撤退を決め、そこに加へてカワサキまで最高峰MotoGP級休止發表と云ふ事態になつてしまひました。

 現在、車兩貸し出しで出走臺數減少を防がうと、主催者DORNAが動いてゐますが、豫斷を許しません。年間40億圓とも、50億圓とも云はれる資金を投入して來たものの、2002年の途中から、MotoGP級へ19年振りに復歸し、翌年から完全參戰してゐますが、悲願の優勝にいまひとつ届かず、今年は期待されてゐたところでした。昨年、獨逸Grand Prixでお世話になつた縁もあり、非常に殘念です(畫像)。

 もしも、他班に貸し出しをしたとしても、整備や部品供給等問題は山積み故、動向が注目されますね。土曜日から「日本Grand Prix」の切符も賣り出されますが、觀客減少に繋がらなければよいのですが…。

|

« 15歳の花嫁 | トップページ | 睨まれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/27129030

この記事へのトラックバック一覧です: 撤退:

« 15歳の花嫁 | トップページ | 睨まれる »