« 文樂三味線の魅力 | トップページ | 三遊亭京樂 »

2009年2月 9日 (月)

もう安全?

 辰巳芳子著 『食の位置』 東京書籍 に紹介されてゐた福岡伸一著 『もう牛を食べても安全か』 文春新書を讀む。日本では住民の安全を第一に、牛肉の全頭檢査をしてゐますが、狂牛病がBSEに、亞米利加産牛肉輸入に對する檢査の緩和等、政治的壓力により方針が變はり、食の安全が脅かされてゐます。

 効率ばかりを求めた爲、肥育する速度を早め、主格量を増やした結果、別のところにエネルギーが使はれ平衡が亂れ、それが結局何か突然違つた形で噴出して、大きなしっぺ返しを食らふことになる…。蛋白質を摂らない限り命を保てない我々は食べることで環境に繋がつてをり、地球と云ふ閉じた世界の循環の一部であることを知ると、無駄も省け、無理のない生活ができるのかも知れません。

 豐かになつた日本はどれだけ、ゴミを出してゐるのでせうか。コンビニで破棄されるお辨當の數を考へると、大きな無駄だと思ひます。

もう牛を食べても安心か (文春新書)Bookもう牛を食べても安心か (文春新書)


著者:福岡 伸一

販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 文樂三味線の魅力 | トップページ | 三遊亭京樂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/27893336

この記事へのトラックバック一覧です: もう安全?:

« 文樂三味線の魅力 | トップページ | 三遊亭京樂 »