« 女遊びはこんなもの | トップページ | 空氣より輕い乘物 »

2009年2月 4日 (水)

寫眞調査

Kyodo 廣嶋に住む飛行船研究家からの連絡で、共同通信社の寫眞調査部を一緒に訪ねることに。電通社長に見せる爲に當時編纂されたアルバムが發見され、調査されてゐるとのこと。そこには外電に使はれた貴重な寫眞がデジタル化されて、順繰りに調べられてゐました。場所や人物の特定をし、撮影日時なのか、納入日時なのか、確認作業をしてをかないと、素材としても使へないので地道な根氣の要る作業です。

 以前、堀内さんが調査された、ツェッペリン伯號の航路からどの方面を撮ったものだとか判つたとか、中には帝國ホテルで撮影された、日本最初の機内食を罐詰めにしてゐる珍しいもののありました。ビーフ・ティー、コンソメ等の表示も見えます。撮影用に構へてゐるだけのやうですが、黒光りした丸い塊は何の食材だか判りません。

 畫像は夕暮れ時の共同通信社からの眺望。弊社の目と鼻の先ですが、高さが違ふと景色もかなり違ひますね。生憎と富士山は見えませんでした。

|

« 女遊びはこんなもの | トップページ | 空氣より輕い乘物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/27735781

この記事へのトラックバック一覧です: 寫眞調査:

« 女遊びはこんなもの | トップページ | 空氣より輕い乘物 »