« 寫眞調査 | トップページ | 文樂三味線の魅力 »

2009年2月 5日 (木)

空氣より輕い乘物

 ブイヤント航空懇談會の新年會が開かれました。自稱「飛行船料理研究家」兼ツェッペリン関連商品蒐集家として、飛行船に關する情報交換と研究成果を寄稿する爲に入つてゐるやうな感じの不埒な會員です。
 ところがこの懇談會は歴史があり、元は1970年代に氣球や飛行船と云ふ空氣より輕い乘物の研究者が集まりで、殆ど學會のやうな研究發表の場であつたらしいのですが、現在は飛行船運航會社に愛好家まで幅廣く、空の乘り物に夢を懐く人の集まりとなつてゐます。私のやうな新參者も居る爲、自己紹介を順繰りにしましたが、ほんたうに大學の先生から、ツェッペリンNTの追掛けて寫眞を撮つて居らっしゃる方、時折で競賣で張り合ふ吾人まで、飛行船が結んだ不思議なご縁です。

|

« 寫眞調査 | トップページ | 文樂三味線の魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/27767792

この記事へのトラックバック一覧です: 空氣より輕い乘物:

« 寫眞調査 | トップページ | 文樂三味線の魅力 »