« 國の光を觀るは、もって王たる賓によろし | トップページ | 滿開 »

2009年3月 2日 (月)

隠岐牛

Chinya レス協総會後の食味會は淺草の「ちんや」さんで非常に珍しい隠岐牛をご馳走になりました。隠岐の嶋で生まれ育つた黒毛和牛は元々數が少ない爲、出回ってはをらず、都内でも限られた店でしか食べることができません。最近やっと芝浦にも入つて來たと噂には聞いてゐましたが、食べる機會に惠まれるとは思ひも寄らず感激一鹽。然も、生産農家の隠岐潮風ファームの田仲壽夫さんもいらして、場を盛り上げてくれました。

 弊社とは肉の厚みも違ひ、すき燒の炊き方も違ふので簡單に松阪牛とは比較できませんが、甘い脂身と言ひ、旨みの凝縮した味はひはさすがです。仲居が附き切りで世話するのではなく、「好きに燒くのがすき燒」と云ふやうに、各鍋毎に各々味附けして食べて下さいと云ふのも嬉しい。自分の卓子は三名で食べてゐた爲、私が鍋奉行となり、各器に取り分けました。慢性胃炎の所爲か、油ぽいものを避けてゐましたが、今日は特別にペロリと125グラム美味しく頂きました。最初に千住葱を燒いて香ばしさを出して、肉を載せ、それから割り下と云ふ順番。二度目の「ちんや」さんですが、頑張つてゐるなあ。色々なすき燒があるものだと勉強になります。


|

« 國の光を觀るは、もって王たる賓によろし | トップページ | 滿開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/28388506

この記事へのトラックバック一覧です: 隠岐牛:

« 國の光を觀るは、もって王たる賓によろし | トップページ | 滿開 »