« 句會 | トップページ | 零地點 »

2009年3月11日 (水)

大阪辯

 東京者としては、押しの強い表現に氣後れする所爲でせうか、どうも關西辯は鼻に附いていけません。何だか、ずけずけと土足で心の中に踏み込まれるやうな厚かましさを感じるのは自分だけでせうか。それが、不思議と大阪や京都で地元出身の友達に會ふと嫌味を感じたことはありません。低俗バラエティー番組の氾濫で、吉本所屬の藝人を見ない日はないと云ふほど溢れ返つてゐる反發かも知れませんね。

 やつと、住大夫師匠の『なほになほなほ』 日本經濟新聞出版社 を讀みました。元は「私の履歴書」に書かれたことに加へ、傳統藝能に携はる著名人との對談が載つてゐます。本の題名は藥師寺の管長、故高田好胤さんからの「奥深き語りの技を ただただに磨ききたりて今日の功(いさおし) なほになほなほ」から取ったもの。
 ずっと大阪辯のオン・パレードなのですが、すんなりどころか、柔らかく、優しい言葉として腹に収まります。「近頃は訛まってる」と言つて、樂屋での東京辯に怒り心頭のご樣子ですが、文樂が東京辯では樣にならないのも事實。

 來月は大阪文楽劇場開場25周年で、《義經千本櫻》を通しでやり、たぶん、住大夫師匠は〈すしやの段〉を語られるのでせう。後何回聽けるかと思ふと、大阪に行きたくなります。

なほになほなほ―私の履歴書 (私の履歴書)Bookなほになほなほ―私の履歴書 (私の履歴書)


著者:竹本 住大夫

販売元:日本経済新聞出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 句會 | トップページ | 零地點 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/28542095

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪辯:

« 句會 | トップページ | 零地點 »