« 零地點 | トップページ | スーパー歌舞伎 »

2009年3月13日 (金)

格言なのか、戒めか

 題名に惹かれて買つてしまつたTADANAGA著 『別れ際に握手する奴とは二度と會ふな。』 ビジネス社。特に由來や著者の過去事例があるでもなく、格言のやうに羅列がひたすら續く本故、直ぐに讀み終はります。

 自分が別れ際に握手する場合を考へてみますと、

  ○相手が外人でどちらともなく、普通の挨拶として。

  ○久し振りに會つた友達とゆっくり語り合ひ、また次回は何時逢へるかと分からず、寂しさを紛らわす爲。

  ○こちらがご馳走して貰つたり、恩義を感じた時。

くらいしか浮かびません。相手が異性だとしても、特に触れたいからとか、下心があるからと言つて握手はしたことはないので、何故「二度と會つてはいけない」のか腑に落ちません。
 他には、薄笑ひしてしまふもの、大きく頷くもの、色々書かれた中には

 「レストランで從業員を怒鳴る奴は、身内にも同じことをする。」

と云ふのもありました。これには賛成です。現在、すき燒屋の主人を繼いでからは殆ど、お客さんに頭を下げるやうな大失敗はありませんが、ベルランではよく頭を下げたものです。從業員には、勿論お客さんを怒らせるつもりはなかつた筈ですが、ほんの何かの彈みで突然怒鳴る人は居るものです。そんな時は低頭平身お詫びして、嵐が過ぎ去るまで、謝り續けました。
 人の親になつて、聲を荒げることは減りましたから、叱るでなくて、怒鳴る=威嚇しても何の意味もないと思ふことを知ってから、さういう人が哀れで仕方ありませんでしたね。

 著者としては、買つて貰ひたいでせうが、本屋でパラパラでも、十分樂しめます。13日の金曜日に相應しい内容でせう(笑)。

別れ際に握手する奴とは二度と会うな。Book別れ際に握手する奴とは二度と会うな。


著者:TADANAGA

販売元:ビジネス社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 

|

« 零地點 | トップページ | スーパー歌舞伎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/28542397

この記事へのトラックバック一覧です: 格言なのか、戒めか:

» あいさつ文 [あいさつ文]
あいさつ文の紹介をしています。 あいさつ文で悩んでいる人がいましたら参考にどうぞ。 [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 19時01分

« 零地點 | トップページ | スーパー歌舞伎 »