« 豪快 | トップページ | 寶物殿 »

2009年4月23日 (木)

奉納

200904180956000

 學藝員の資格を取る爲に通信教育の授業を受け、本を讀んだり、美術館に足を運んでゐます。
 明治神宮にも美術館が在ることを思ひ出して行くと、參道に清酒の反對側に葡萄酒の奉納。よく見るとブルゴーニュの有名醸造所が連なつてゐます。「日佛交流の云々」との但し書きに奉納の由來が書いてありました。

 さて、『古事記』に

 伊邪那美命(イザナミノミコト)、吾に恥を見せつ、言ひ、令して、即ち、
豫母都志許売(ヨモツシコメ)を遣はし、追はす。

 ここに伊邪那岐命(イザナギノミコト)は、黒御鬘(クロミカヅラ)を取り投げ棄(ウ)つれば、
乃、蒲子(エビカヅラのコ)が生まれ。是を拾ひ食(ハム)の間に逃げ行く。

 と葡萄が出て來ます。髪飾りにしてゐたクロミカヅラを投げると、エビカヅラのコ(野葡萄の實)が生まれ、ヨモツシコメが食べてゐる間に、イザナギノミコトは逃げたと云ふ記事です。葡萄の實が醗酵してワインになつたとまで書いてありませんが、神事に少しは關係あると云へませうか。

また、お日柄もよいのか結婚式が幾度も行はれてゐました。
200904181002000


|

« 豪快 | トップページ | 寶物殿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/29203882

この記事へのトラックバック一覧です: 奉納:

« 豪快 | トップページ | 寶物殿 »