« 四校 | トップページ | 古(いにしへ)の響 »

2009年6月16日 (火)

美意識

 七五調で流れるやうな文體の泉鏡花が金澤出身だとは知らなかった。先日、神奈川縁の作家として、逗子に住んでゐたことは知ったものの、こちらにも関はりがあるとは奇遇である。
 文章だけでなく装丁や着る物や身の回りの物にも拘つた鏡花の作品や縁の品々が展示された小さな「泉鏡花記念館」。此処は泉鏡花の生家跡だと云ふ。表通りはお菓子屋なのだが、裏手へ回ると入り口が在る。この尾張町近邊は表通りは廣く、路面電車でも走つてゐたに違ひないと思はれる程の幅があり、まだまだ古い店が殘り氣持ちいい。直ぐ傍の佃煮屋で鮴(ゴリ)の佃煮を買ふ。輪嶋を思ひ出し、よいお土産となつた。

 この佃煮、ウェブでも買へると、東京に戻ってから知った。

https://www.rakuten.co.jp/tukudanotukudani/472335/

|

« 四校 | トップページ | 古(いにしへ)の響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/30005152

この記事へのトラックバック一覧です: 美意識:

« 四校 | トップページ | 古(いにしへ)の響 »