« 日本初の機内食 | トップページ | 草鹿龍之介 »

2009年7月31日 (金)

ツェッペリン燒

Photo_2 1929(昭和4)年8月、日本飛び立った日の最初の晝食を再現したのですが、最後に驚きの一品を附けました。當時、東京市内で爆發的な人氣が出たと云はれる「ツェッペリン燒」です。鯛燒屋が擧って品物を替へたとの噂の燒き型を持つてゐるので、柳橋の梅花亭さんにお願ひして漉し餡入りで作つて頂きました。魚のやうに頭左にすると「ZEPPELIN」の文字が見えます。皮が多くて、餡が少なく申し譯ないと言つてをりましたが、どうして、どうして、美味でした。

|

« 日本初の機内食 | トップページ | 草鹿龍之介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/30755632

この記事へのトラックバック一覧です: ツェッペリン燒:

« 日本初の機内食 | トップページ | 草鹿龍之介 »