« 文樂三昧 | トップページ | お禮參り »

2009年9月30日 (水)

ミュージアムセミナー

 江戸東京博物館主催、ミュージアムセミナー、えどはくカルチャー「泉鏡花の東京異界案内」を聞いた。

 鏡花の作品を幾つか取り上げ、古地圖から現在の場所を特定し、その書かれた本文を解説を交へ一月遅れの怪談噺。併し、學藝員さんの話は、通り一邊倒で熱が入らず、實に詰まらなかった。この程度なら、自分の方がうまくやれさうな位殘念であった。參加者は年配者ばかりで、靜かに聞いてはゐたし、ペンを走らす方もゐたがかういふ内容で滿足されたのであらうか。

 例へば、配られたコピー圖が掘り割りか道路か判別の難しい白黒圖で、その上、この元圖をそのまま灯影するだけだから、地名すらも判讀できず、地形や場所を知らない人には全く傳はらない。できたら、現在の場所の畫像も一緒に見せて欲しかった。地圖を擴大し、この方向から主人公は歩いて來たとか、具體的にレーザーポインターで示すとか、工夫が全くない。
 その上、物語の元となった實際の事件に就いて触れるだけで、當時の新聞記事を見せるでもなく説明が少なく不親切。併せて見せる錦繪や圖版もほんの僅かで、これでは飽きてしまふ。何故なら抑揚のない一本調子の語り故、眠氣を誘ふからだ。話藝なし。もう少し勉強して欲しいところ。これで1,000圓は納得できなかった。

|

« 文樂三昧 | トップページ | お禮參り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41030/31400664

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージアムセミナー:

« 文樂三昧 | トップページ | お禮參り »